世界の英知を、英語で学ぼう。

大切な目標は心の奥にしまっておこう
Keep your goals to yourself

  • 2022年1月30日
  • 2022年7月14日
  • 自己啓発
  • 296view
  • 0件
はぎちゃん
はぎちゃん
よーし、夏までに5キロ痩せるぞ~!
ちょっと待って、はぎちゃん。目標は安易に口に出してはいけないよ。
ゆぴまる
ゆぴまる
はぎちゃん
はぎちゃん
なんでよ。言ったほうがモチベ上がらね?
実はその反対で「モチベーションが下がっちゃう」んだ。起業家、デレク・シバースさんのスピーチを聴いてみて。その意味がわかるから。
ゆぴまる
ゆぴまる

実際に聴いてみよう

スピーチ時間:2分58秒 カテゴリー:自己啓発

はぎちゃん
はぎちゃん
く……言っちまったなぁ!
人間って目標を誰かに言うとそれだけで精神的に満足してしまうみたいだね。
ゆぴまる
ゆぴまる
はぎちゃん
はぎちゃん
そういえばデレク兄やん、「どうしても言いたいなら満足しないような方法で」って言ってたなあ。
……はぎちゃん、今年50記事かけなかったら殴って……さてと、本日の解説パートに移りましょうかね。
ゆぴまる
ゆぴまる

解説PART

語句・表現

  1. keep A to B (oneself):A(考え・目標・事実など)をBの秘密にしておく <今回取り上げたスピーチの「Keep your goals to yourself」というタイトルは、直訳すると「自分の目標は自分の秘密にしておく」となるが、少し想像力を働かせて「目標は心にしまっておこう」などと意訳すると日本語としてわかりやすいものとなる。>
  2. For real:真剣に(考えてください) <スラングで「マジで」のようにも使われる>
  3. have got to:~しなければならない  <have toのくだけた言い方>
  4. high image of you:尊敬の眼差し <対象者(you)が今より高い位置(high)にあるイメージ>
  5. say it out loud:声を大にして言う
  6. Well, bad news:ここで、悪い知らせ(です)<このように日常英会話では動詞のない不完全文も頻繁に使われる。「Well」は、頻繁に使われるつなぎ言葉「Filler(フィラー)」。>
  7. should have 過去分詞:~しておけばよかった <過去の出来事に対して「すべきだったのにしなかった」という意味>
  8. Any time S V:SがVする時はいつでも <「Whenever 」と同じ使い方>
  9. social reality:社会的現実・ソーシャルリアリティ <学術用語。人々が心の変化によって社会にもたらす現実。例:コロナショックの際のティッシュペーパーの買い占め行動>
  10. kind of:~みたいに/~のような <この他にも「Kind of.」のみで「少しね。」といった用法もある。>
  11. trick A into B: Aを騙してBする
  12. go against A:Aに反する/Aに合わない
  13. conventional wisdom:よく言われていること <直訳すると「一般通念」>
  14. hold A to B:BについてAを支える <「hold」は一定の状態に保つ意味。これに対象を示す前置詞「to」を加えた表現。>
  15. founder of social psychology:社会心理学の生みの親 <直訳すると「社会心理学の創設者」>
  16. substitution:置き換え <学術用語で心的防衛機制の一つ>
  17. It goes like this:このような感じです <口語で何かを説明する前に言われる>
  18. A across B:Aの対象に対してB <本スピーチでは、「163人の人達に4つのテストがいきわたる」イメージ>
  19. temptation:誘惑
  20. delay:~をとっておく/後に回す
  21. social acknowledgement:人に認められること <直訳すれば「社会的承認」>
  22. mistake A for B:AをBと勘違いする
  23. you do need to V:強調のdo <動詞のneedを強めている>
  24. kick my ass:焼きを入れる/ぼこぼこにする <スラングで広く「罰を与える」の意味>

ゆぴまる
ゆぴまる
この他にもわからない単語やイディオムがあったらコメント欄(本記事の最下部)で遠慮なく聞いてね。

学びPART

人はときに大胆な挑戦をしたくなります。大企業に就職することやTOEICで900点を取ること、夏までに腹筋を割ることや意中のあの人と付き合うことなど、さまざまな目標を持ちます。

そして、大きな目標を掲げると身近にいる人に言ったりSNSで発表したりしたくなります。「目標は誰かに宣言したほうが叶いやすい」といったような言説が後押しするのかもしれません。

しかし、今回の講演者のデレク・シバースさんは複数の研究から「目標は口に出すと遠ざかってしまう」と結論づけています。

なぜなら、人は目標を誰かに伝えてそれを知ってもらうだけで「もう目標を達成できたぞ」と「勘違い」して「満足」してしまうからです。口に出すだけで、当初抱いていた目標への強い情熱が冷めてしまうのです。

ですから本当に叶えたいと思っている大切な目標は心の奥にしまっておきましょう。もしどうしても言いたくなってしまったら、自分に罰を与える形で伝えるとよいでしょう。

感想PART

ゆぴまる
ゆぴまる
みんな、ここまでお疲れさま。
そういえばデレク兄やん、最後ちょっとスベってなかった?
はぎちゃん
はぎちゃん
ゆぴまる
ゆぴまる
いや、そんなわけないでしょ。スーパープレゼンターだよ。もう一回みてみよう。
……
はぎちゃん
はぎちゃん
ゆぴまる
ゆぴまる
……………………

 

最新情報をチェックしよう!